トーキョーブックガール

世界文学・翻訳文学(海外文学)や洋書レビューを中心に、好きなことをゆるゆると書いているブログです。

2021年ブッカー賞受賞作はDamon Galgutの『The Promise』

 あっというまに11月になっていまいましたね。ついにブッカー賞受賞作が発表に。

The Promise / Damon Galgut(南アフリカ)

 ブッカー賞ノミネートは3回目のDamon Galgut。

 本作は南アフリカの白人家庭の話。母さん、父さん、アストリッド、アントン(Ma, Pa, Astrid, Anton)のそれぞれに焦点が当てられる。母さんが亡くなり、南アフリカの情勢も変わりつつある。この家庭にはずっと住み込みで働いてくれていたサローム(Salome)という黒人女性がいるのだが、ずっと尽くしてくれた彼女に対して、引退時には家と土地を贈ろうと父さんと母さんは約束している。だがその約束は果たされないまま時が流れ……。

 

歴代のブッカー賞受賞作はこちらから。

www.tokyobookgirl.com

 

2021年のロングリストとショートリストはこちら。

www.tokyobookgirl.com

www.tokyobookgirl.com