トーキョーブックガール

世界文学・翻訳文学(海外文学)や洋書レビューを中心に、好きなことをゆるゆると書いているブログです。

2018-04-10から1日間の記事一覧

『ボヴァリー夫人』フローベール: 文学史上最大のダメ女?

[Madame Bovary] わたし、どうして結婚なんかしてしまったんだろう? そんな声が全てのページから聞こえてくるような小説である。 新潮文庫の表紙の絵も然り。夫人の背中からは、後悔が匂いたつよう。 ボヴァリー夫人 (新潮文庫) 作者: ギュスターヴフローベ…