トーキョーブックガール

海外文学や洋書レビューを中心に、好きなことをゆるゆると書いているブログです。

2018年のギラー賞ショート・リスト

10月1日にカナダ・ギラー賞のショート・リストが発表になっていたので、今日はこちらを。

HOME - Scotiabank Giller Prize

アメリカとカナダの国境沿いをドライブしていると、発見がいろいろある。風景は全く変わらないのに、国をまたいだ途端にフランチャイズのレストランでもドリンクのサイズが小さくなったり、パンと一緒に出てくるのがマーガリンからバターに変わったり(アメリカ⇨カナダ)。文学にもそういう違いがあるなあと感じる。

ギラー賞とはカナダで最も権威ある文学賞の一つで(他にはカナダ総督文学賞などがある)、カナダ人の小説家に与えられるもの。条件としては著書が英語で出版されていることで、他言語からの翻訳でも可。短編集でも長編でも、ジャンルもなんでもござれ。

審査員はカナダ人作家が務めることも多く、マーガレット・アトウッドやアリス・マンロー、アリステア・マクラウドが登場したりするというのもファンにはたまらない。また、ブッカー賞にノミネートされるカナダ人作家の作品はほとんどの場合同年のギラー賞リスト入りも果たしている。

今回久しぶりにロング・リストの作品を眺めていて、その多様性に改めて驚いた。いろいろなバックグラウンドを持つ作家が、いろいろな言語で作品を生み出し、ノミネートされている。何が「カナダ文学」で何がそうでないのか、そんなの愚問といわんばかりに色とりどりの作品がノミネートされているのが魅力だと思う。

 

ではまず2018年のショート・リストから。もうどれもめちゃくちゃ面白そうで、全部読みたい。

French Exit / Patrick DeWitt(パトリック・デウィット)

French Exit

French Exit

 

これは、装丁に一目惚れして読もうと思っていた一冊(AmazonのはKindle版なので別のカバーが出ていますが)。

フランシス・プライスはニューヨークのアッパー・イースト・サイドに暮らす未亡人。スキャンダルや今にも倒産しそうな会社に悩まされている。30代のマルコムという息子がいるが、発育遅滞状態であてにならない。フランシスは家族を連れてニューヨークを脱出し、一路パリへ。ハイ・ソサエティの悲劇を描いた物語。

パトリック・デウィットは2012年にThe Sisters Brothersでブッカー賞ショート・リストにもノミネートされている。 

www.tokyobookgirl.com

 

Songs for the Cold of Heart / Eric Dupont(エリック・デュポン)

Songs for the Cold of Heart

Songs for the Cold of Heart

 

翻訳はPeter McCambridge(作者はモントリオール出身でフランス語で執筆)。英語タイトルも素敵。ちなみにフランス語タイトルはLa Fianceé Américaine(アメリカ人の婚約者)。

その昔、ケベックにマデレーヌという名の少女がいた。小柄の赤毛の女の子で、ケベック出身の男性と恋に落ち、赤ちゃんが生まれる。しかし、赤ちゃんが大きすぎるせいで、出生時に両親とも亡くなってしまう。

ガブリエル・ガルシア=マルケスを彷彿とさせる魔術的な小説とのこと。

 

Washington Black / Esi Edugyan(エシー・エドゥージャン)

下記がレビューです。とにかく面白かったの一言。

www.tokyobookgirl.com

 

Motherhood / Sheila Heti(シェイラ・へティー) 

Motherhood

Motherhood

 

トロント出身の作家による、現代の女性を描いた小説。自身の体験、フェミニスト論、時間や芸術について……。

よく泣く母親から生まれ、母のようにはならないと誓っていた女性が、なぜか母のようになってしまっている。

「わたし」は36歳。同居中のボーイフレンドは前妻との間に女の子がいて、これ以上子供は欲しくないという。もし「わたし」が欲しいのであれば「作ってもいいけど、欲しいという確信がないとだめだよ」と唱える。わたしは子供が欲しいのか? 子供が母に与えてくれる喜びを、そして悲しみや苦悩を、考え続ける。現代女性の抱える悩みや苦しみを書いている。

www.tokyobookgirl.com

 

An Ocean of Minutes / Thea Lim(テア・リン)

An Ocean of Minutes

An Ocean of Minutes

 

 シンガポール出身・トロント在住の作家による作品。

アメリカは死に至るインフルエンザが大流行していた。夫の医療費を確保するため、タイムトラベルすることを決意する妻。夫婦は未来で落ち合うことを約束する。彼女にとっての5分は、夫にとっての12年。そしてその間、二人は赤の他人となる。

社会階級、移民、国籍、企業、貧困など、様々な現代の問題を描いた物語。

 

学生時代は熱心に追いかけていたのにマーガレット・アトウッドが審査員を務めていた2008年頃から、私は物理的にカナダから遠ざかり、ギラー賞のことを忘れていた。今年のラインナップが魅力的すぎて反省……。

5冊全て読みたい。

 

歴代の受賞作品(1994年〜)

 

歴代の受賞作品は以下のとおり。あまり日本語に訳されていないことにびっくり。

 

1994年:The Book of Secrets / M・G・ヴァッサンジ 

The Book of Secrets: A Novel

The Book of Secrets: A Novel

 

ダルエスサラーム、1980年代後半。ピウス・フェルナンデスという教師は、とある卒業生から英語の日記を受け取る。1913年から1914年にかけてアルフレッド・コービンという男性によって書かれたものだ。植民地省で勤務していたアルフレッドは、マリアムーという若い現地女性と知り合い、心を惹かれる。二人の間に肉体関係はなかったものの、マリアムーが結婚すると、その夫はマリアムーとアルフレッドが婚前に関係を持っていたとして二人を糾弾するようになる……。

 

1995年:A Fine Balance / ロイントン・ミストリー

A Fine Balance

A Fine Balance

 

1970年代のインドを舞台とした物語。政府が「国内緊急事態」を宣言した後、様々なバックグラウンドを持つ4人の登場人物の人生が交わることになる。

 

1996年:『またの名をグレイス』マーガレット・アトウッド

またの名をグレイス(上) (岩波現代文庫)

またの名をグレイス(上) (岩波現代文庫)

 
またの名をグレイス(下) (岩波現代文庫)

またの名をグレイス(下) (岩波現代文庫)

 

当ブログの記事はこちら。 

www.tokyobookgirl.com

 

1997年:Barney's Version / モルデカイ・リッチラー

Barney's Version (Vintage International)

Barney's Version (Vintage International)

 

映画化もされた、「信頼できない語り手」による作品。バーニー・パノフスキーは親友のブーギーとローマで二人暮らしをしていた。しかし、クララ・チャーノフスキーという浮気者の女性がバーニーによって妊娠したと言い張り、結婚することに。後に離婚するのだが、バーニーはクララも含め3人の女性と結婚・離婚を繰り返すこととなる。また、ブーギーが行方不明になり、警察はなぜかブーギーが死んだものと仮定しバーニーを殺人犯とみなすようになる……。

 

1998年:『善き女の愛』アリス・マンロー

善き女の愛 (新潮クレスト・ブックス)

善き女の愛 (新潮クレスト・ブックス)

 

 

1999年:A Good House / ボニー・バーナード 

A Good House: A Novel

A Good House: A Novel

 

 1949年、オンタリオ州のストーンブルック。戦争が終わり、世間が希望で溢れている中、ビルとシルヴィアは3人の子供と仲睦まじく暮らしていた。

その後の50年間で、家族は大きく変わることとなる。シルヴィアの死、息子ポールから生まれた問題児、険しい道のりを選んだダフネ、人生に妥協せざるをえないパトリック。そんな中ビルの後妻マーガレットが家族を繋ぎとめる碇となる。

 

2000年:『アニルの亡霊』マイケル・オンダーチェ & Mercy Among the Children / デヴィッド・アダムス・リチャーズ

アニルの亡霊

アニルの亡霊

 
Mercy Among the Children: A Novel

Mercy Among the Children: A Novel

 

カフカやメルヴィルを彷彿させると絶賛された作品。

シドニー・ヘンダーソンは、トルストイやマルクス・アウレリウスが好きな少年だ。しかし貧困層出身で大学には行かせてもらえない。誰も彼の将来に期待をかけてくれない。美しいエリーと恋仲になっても、周りからは非難されるばかり。小さな町で、人生に耐えきれなくなったシドニーは……。
 

2001年:Clara Callan / リチャード・B・ライト 

Clara Callan: A Novel

Clara Callan: A Novel

 

 カナダの小さな町で、クララ・カランはニューヨークへ旅立つ姉ノラと別れようとしていた。ヨーロッパではファシズムが巻き起こり、混沌としていた1930年代。性格は全く違うけれども過去を共有してきた姉妹は、変わりゆく社会の中で自分の居場所を見つけようとする。

ノラはラジオのソープオペラスターとなり、クララは小さな町で自分の夢を追いかける。しかし、物事は思ったようにうまくいかず……。

 

 

2002年:The Polished Hoe / オースティン・クラーク

The Polished Hoe: A Novel

The Polished Hoe: A Novel

 

メアリー・マチルダはビムシャイア(バルバドス)島で最も尊敬されている女性だ。メアリーはある日、犯罪を犯したと告白し警察に電話する。それから島に流れるアフリカの血や悲劇が表にふきだす。

第二次世界大戦後の西インド諸島や過去の奴隷の生活を描いた作品。

 

2003年:『ヴィクラム・ラルの狭間の世界』M・G・ヴァッサンジ

ヴィクラム・ラルの狭間の世界

ヴィクラム・ラルの狭間の世界

 

日本語訳されたヴァッサンジの作品は本作のみ。   

 

2004年:『ジュリエット』アリス・マンロー

ジュリエット (新潮クレスト・ブックス)

ジュリエット (新潮クレスト・ブックス)

 

 原題はRunaway。スペインの巨匠・アルモドバル(マンローの大ファンらしい)が『ジュリエッタ』として映画化もした作品。 

女性の人生と、転換点となった出来事をマンローらしい少しクールではっとする程美しい描写で綴る短編集。オンタリオやブリティッシュ・コロンビアの田舎町で育つ女たち。母に、娘に、友人に、夫に抱く軽い失望や分かり合えない苦しさ。その哀しみや怒りがとてもリアルで、友人の話を聞いているような気分になる。ジュリエットの三部作が特に秀逸。

 

2005年:The Time In Between / デヴィッド・ベルゲン

The Time In Between: A Novel

The Time In Between: A Novel

 

チャールス・ボートマンはブリティッシュ・コロンビアのフレーザー渓谷を去り、29年前に若き兵士として戦ったヴェトナムへ戻る。しかしその国は思い出とは全く異なっている。

チャールスが失踪すると、娘のアダと息子のジョンは彼を置いヴェトナムへ向かう。父を探してダナンの通りから国の奥地へと向かうのだが……。

 

2006年:『ER 研修医たちの現場から』ヴィンセント・ラム

ER 研修医たちの現場から (集英社文庫)

ER 研修医たちの現場から (集英社文庫)

 

 

2007年:Late Nights on Air / エリザベス・ヘイ 

Late Nights on Air

Late Nights on Air

 

1975年。カナダ北部のラジオ局での仕事を受けたダイドー・パリスは、その美しさと魅力的な声で聞いている人をとりこにする。しかしその後、ガスのパイプラインを引くか否かという論争が地元で沸き上り、ダイドーの働く番組でもリスナーの論争を取り上げるようになり……。

 

2008年:Through Black Spruce / ジョセフ・ボイデン

Through Black Spruce: A Novel

Through Black Spruce: A Novel

 

 ウィル・バードはオンタリオの病院で横たわっている。かつては伝説的なパイロットだった。アニー・バードは彼の姪で、ベッドの横に座り彼を見つめる。家族の失踪、殺人、絆、愛について、カナダの自然やドラッグにまみれたマンハッタンのクラブシーンを背景に語られる物語。

 

2009年:The Bishop's Man / リンデン・マッキンタイア

The Bishop's Man

The Bishop's Man

 

ダンカン・マッカスキル神父は人生のほとんどを「エクソシスト」として過ごしてきたが、ある日自分自身を試す必要が出てくる。過去の改ざんや自身の要求を無視して、生き続けることはできるのか。

 

2010年:The Sentimentalists / Johanna Skisbrud

The Sentimentalists

The Sentimentalists

 

ヴェトナム戦争で目撃した光景が忘れられないナポレオン・ハスケルは、今でも悪夢に悩まされている。健康状態が悪くなると、彼の娘たちはノース・ダコタからオンタリオ州のカサブランカへの引越しを進める。下の娘は新しい町で、父や彼の過去について初めて知るようになるのだった。

 

2011年:Half-Blood Blues / Esi Edugyan(エシー・エドゥージャン)

Half Blood Blues: Shortlisted for the Man Booker Prize 2011

Half Blood Blues: Shortlisted for the Man Booker Prize 2011

 

今年もノミネートされたEsi Edugyanの作品。1940年のパリ。キャバレーで一躍有名になったドイツ国民ヒエロニムス・フォークはカフェで逮捕される。 

50年後、ヒエロとともにバンドをやっていたシドは旧友のチップに促され、ベルリンへ戻る。そこへ舞い込んできた謎の手紙は、ヒエロのその後についての手がかりとなるのだった。

 

 

2012年:419 / ウィル・ファーガソン

419

419

 

雪の降る渓谷で車が横転する。名前のない女性がアフリカの砂嵐から逃げ出す。ラゴスでは、犯罪グループがインターネットを漁り、獲物を得ようとする。いくつもの人生が交差し、父を殺された女性が復讐を遂げようとするとき物語が動きだすスリラー。

ちなみに作者はJETプログラム経験者で、熊本県で数年英語を教えていたんだそうな。

 

2013年:Hellgoing / リン・コーディ

Hellgoing: Stories

Hellgoing: Stories

 

拒食症の人物を宗教から遠ざけ、非難される尼。教師と女生徒の間に生まれた深くて奇妙な絆。夜行性の花嫁。

ユーモラスかつ現代的に登場人物を描いた作品。 

 

2014年:Us Conductors / ショーン・マイケルズ

Us Conductors

Us Conductors

 

レニングラードへ向かう船の上で、科学者のレヴ・ターメンは愛するクララへ手紙を書く。ロシアでは実験に没頭していたレヴだが、マンハッタンで暮らすようになってからはジャズやスピークイージー、若くて美しいヴァイオリニストのクララに夢中になった。 

スパイ活動が終了しスターリンが率いるロシアに戻ったレヴは、クララのことが忘れられず……。

 

2015年:Fifteen Dogs / アンドレ・アレクシス

Fifteen Dogs

Fifteen Dogs

 

神・エルメスとアポロは、動物に人間と同じ知能があればどうなるかと語り合う。そして、動物病院に入院している犬たちに人間相当の知能とことばを与えることにする。

犬たちは病院を逃げ出し、徒党を組んで歩き回るようになる。犬の間にも、新しい考えを拒み昔ながらのやり方を好む者と、変化を喜ぶ者が出てくる。神は空の上から犬が新しい冒険に旅立つのを眺めるが、神の間にも意見の対立が起こり……。

 

2016年:Do Not Say We Have Nothing / マドリン・ティエン

Do Not Say We Have Nothing

Do Not Say We Have Nothing

 

 こちらもブッカー賞にノミネートされた作品。1991年、カナダ。10歳のマリーと母親は、天安門事件後に中国から逃げてきた若い女性アイ・ミンを家に迎える。アイ・ミンはマリーに、1960年代から80年代にかけての中国の動向と、それに大きく影響された彼女の家族の歴史を語る。 

 

2017年:Bellvue Square / マイケル・レッドヒル 

Bellevue Square

Bellevue Square

 

 スリラー。ジーン・メイソンにはドッペルゲンガーがいるらしい。本人は遭遇したことがないけれど、周りの人々は目撃している。トロントのケンジントン・マーケットに現れ、チュロスを買ったりカートを引きずって歩いているそうな。

続けざまに「あなたとそっくりな人がいる」と言われたジーンは、彼女について調べることにする。