トーキョーブックガール

海外文学や洋書レビューを中心に、好きなことをゆるゆると書いているブログです。

文学界の美女

ジュンパ・ラヒリについて

なんて美しい人。 『停電の夜に』を読み終えて感動の渦の中で静かに漂っていた私は、その著者写真に衝撃を受けた。 ピュリツァー賞を受賞したインド系アメリカ人作家、ジュンパ・ラヒリである。著書も、最新作(エッセイThe Clothing of Books)を除く全てが…

マリア・コダマについて

こんにちは、トーキョーブックガールです。 みなさま、ボルヘスはお好きですか? 好きか嫌いかと言われると、好きなのか?と自分でも考え込んでしまう私笑。 好き嫌いが語れるほど読み込んでいるのかと言われればこれまた疑問が残るが、その膨大な知識量に裏…

ジョルジュ・サンドという女

前回の記事で、アジェンデの『ゾロ 伝説の始まり』に登場するフランス人の女の子アニエス・ドゥシャン(貴族、フランス革命の影響でスペインに移住)のモデルはジョルジュ・サンドではないかと書いた。 本当にチョイ役だし、物語の大まかな流れにあまり影響…

ゼルダ・フィッツジェラルドという女

私の今年のReading Challengeの1つは、F・スコット・フィッツジェラルドの書いたもの(エッセイや手紙を含む)を読み尽くすこと!である。 だが、読んでいると色々と派生して気になることや読みたいものが出てきて、なかなか思うように進みまない。 読書ある…