トーキョーブックガール

海外文学や洋書レビューを中心に、好きなことをゆるゆると書いているブログです。

カナダ文学

Motherhood / シェイラ・ヘティ: 産むの? 産まないの? どうする私

2018年のギラー賞(受賞作品の発表は11月19日!)にノミネートされていて、読みたくなったシェイラ・ヘティのMotherhood。一風変わったユーモラスな語り口が心地よくて、これまた数多の積ん読を差し置いて、一晩で読んでしまった。 2018年のギラー賞ショート…

French Exit / パトリック・デウィット: 全てを失った大富豪未亡人はパリへ

表紙に一目惚れして(下記Amazonリンクに表示されている方ではなくて、白地にタイトルと著者名が赤と青で印刷されていて、むっとした表情の一家のイラストが描いてある方。かわいい……)購入。今年度のギラー賞にもノミネートされているパトリック・デウィッ…

MaddAddam(マッドアダム・シリーズ)/ マーガレット・アトウッド

(マッドアダム) 近未来を描いたディストピア、アトウッドの「マッドアダム・シリーズ」完結編。 MaddAddam 作者: Margaret Atwood 出版社/メーカー: Virago Press Ltd 発売日: 2014/08/07 メディア: ペーパーバック この商品を含むブログを見る Paramount …

『小川』 キム・チュイ

[Ru]今年のギラー賞ロング・リストやノーベル文学賞代わりのスウェーデンの文学賞にも新作Viがノミネートされていたヴェトナム系カナダ人作家キム・チュイ。 The Scotiabank Giller Prize Presents its 2018 Longlist - Scotiabank Giller Prize 村上春樹…

Warlight / マイケル・オンダーチェ

5月に発売された、オンダーチェの最新作。即購入し読み始めて、そうこうしている間にブッカー賞ロング・リストにノミネートされ、残念ながらショート・リストには入らず……読了まで長いことかかってしまったWarlight。 2018年のブッカー賞ロング・リスト - ト…

2018年のギラー賞ショート・リスト

10月1日にカナダ・ギラー賞のショート・リストが発表になっていたので、今日はこちらを。 HOME - Scotiabank Giller Prize アメリカとカナダの国境沿いをドライブしていると、発見がいろいろある。風景は全く変わらないのに、国をまたいだ途端にフランチャイ…

Washington Black / Esi Edugyan(エシー・エドゥージャン)

(ワシントン・ブラック) 2018年ブッカー賞のショート・リストに残ったWashington Black。一言で言うと、「楽しい時間をありがとう!」と感謝したくなるような一冊だった。 あまりに面白すぎて、数ある積ん読を差し置いてあっというまに読んでしまった。仕…

『またの名をグレイス』 マーガレット・アトウッド

[Alias Grace] なんと、アトウッドの名作『またの名をグレイス』が文庫化されるそう! 発売日は9月15日。 『侍女の物語』に続きNetflixでドラマ化され、好評を博したらしいので(Netflixは契約しておらず、見ていない…契約しようかなあ)、原作も売れそうで…

Milk and Honey / ルピ・クーア

(ミルクとはちみつ) ルピ・クーア(日本語表記はカウルとされていることもある。英語での発音は"core"に近い感じ)のことを知ったきっかけは、彼女がインスタグラムにあげた写真だった。 2015年に投稿された、「服に経血のしみがついた女性の後ろ姿」の写…

The Year of The Flood『洪水の年』(マッドアダム・シリーズ) / マーガレット・アトウッド 【更新2018-09-09】

(洪水の年) *2018年9月22日、岩波書店から日本語訳が発売されるそうです。 洪水の年(上) 作者: マーガレット・アトウッド,佐藤アヤ子 出版社/メーカー: 岩波書店 発売日: 2018/09/22 メディア: 単行本 この商品を含むブログを見る 洪水の年(下) 作者: マー…

『オリクスとクレイク』(マッドアダム・シリーズ) マーガレット・アトウッド

[Oryx and Crake] 『侍女の物語』でなんだか調子づいて(読書熱が)、アトウッドの作品を次々読み返している。 『オリクスとクレイク』は、日本語版が出ていることを知ってこちらを読んだ。 MaddAddam(マッドアダム)シリーズ3部作の第1作目。 オリクスとク…

『侍女の物語』 マーガレット・アトウッド: 結婚して初めて分かったこと

[The Handmaid's Tale] マーガレット・アトウッドの『侍女の物語』を初めて読んだのはまだ10代の頃だった。 その後大学の授業でも読んだし、社会人になってからも読み返した。 繰り返し読んだので思い入れのある作品ではあるが、どこか自分からは遠い架空の…

Hulu版『侍女の物語』が面白い

前回の記事に続いて、ディストピア関連の話題を。 ついに! 2018年2月28日、日本でもHuluが『ハンドメイズ・テイル / 侍女の物語』の放映を開始した。 ということで今日は5話まで視聴した感想を書きたいと思う。(全10話) 実は放映開始前にHuluの契約を一旦…

Hag-Seed / マーガレット・アトウッド: 現代におけるシェイクスピア

授業で出会ったアトウッド作品。アトウッドが私の大学で教えていたこともあり(入学した頃にはとっくに退職されていましたが)、文学専攻ではなかった私ですら本当によく読んだ記憶がある。Bodily Harmや『侍女の物語』が大好きになり、卒業してからも、新作…