トーキョーブックガール

海外文学や洋書レビューを中心に、好きなことをゆるゆると書いているブログです。

2018-05-30から1日間の記事一覧

『シルヴィ』 ジェラール・ド・ネルヴァル

[Sylvie]『シルヴィ』を読んだ。 プルーストが『失われた時を求めて』を書くきっかけになった小説とどこかで読んで以来、読みたかったのだ。 火の娘たち (ちくま文庫) 作者: ジェラール・ドネルヴァル,G´erard de Nerval,中村真一郎,入沢康夫 出版社/メーカ…

『通話』 ロベルト・ボラーニョ

[Llamadas Telefónicas] ボラーニョの短編集『通話』を読んだ。 昔売っていたものと若干表紙が変わったなと思ったら、改訳バージョンらしい。 2009年に出たものが改訳されて2014年に再発売なんて、売れに売れているのだろうな。収録されているのは全部で14作…